読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー券主婦のおもちゃと絵本の記録

一姫二太郎を育てています。

クイズ遊び4種(3〜4歳)

相手するこちらは大変だけど、クイズ大好きな娘。成長に合わせてルールを考えています。

1. クイズ

出題するのは少し難しいので、娘はもっぱら答える一方。考えるこっちは面倒くさいし、ずっとやっているとネタが切れてきます。

私「クーイズクイズ♪」
娘「なーんのクイズ?」
私「動物です」
娘「はい」
私「足が2本ある動物です」
娘「はい」
私「お腹にポケットがあります」
娘「カンガルー!」
私「正解!」

難易度を調整しつつ、最近覚えたものを答えにしてあげると喜びます。娘は昨年度のおゆうぎ会でカンガルー役をやったため、カンガルーが頻繁に登場します(笑)

2. 逆さ言葉

ものの名前を逆さから言って、何の名前かを当ててもらうクイズです。初めは2文字から。

私「めあ」
娘「あめ!」
私「ろくぶて」
娘「てぶくろ!」

どの程度成長すればこういったことができるのかはよく分かりません。娘の場合は文字の読み書きを覚えて半年くらいたった頃、「もしかしてトマトって***しても(聞き取れなかった)トマトじゃない!?」という発言があって、そこからこのゲームを思いつきました。

たまに「きつつき」「新聞紙」「軽いイルカ」などの回文を入れてあげると喜びます。私も頭を使うので、ボケ防止にも(笑)。

回文といえばこちらの絵本ですね!

以前読んだときはこの本の面白さは分からなかったようですが、逆さ言葉に慣れてきた今なら楽しめると思います。

3. なぞなぞ

なぞなぞの難易度はピンキリですが、ものの見た目に関するなぞなぞは難易度が低い気がします。今はネタ切れ中のためやっていません。

私「入り口が一つで出口が三つのものはなーんだ」
娘「シャツ!」

一度やっちゃうと答えを覚えてしまうので、ただの記憶テストになっちゃうんですよね。どうしたものか…

私「道路に立っている、足が一本で目が三つのものはなーんだ」
娘「しんごう!」
私「ブブー。足が一本で目が三つのお化けでしたー」
娘「・・・」

4. はい/いいえクイズ

最近はもっぱらこれ!出題者は「はい」か「いいえ」のみを答え、何を考えているか当ててもらうクイズです。娘も出題できるので、ただのクイズやなぞなぞより私は楽ちんです。

私「生き物ですか?」
娘「はい」
私「空を飛べますか?」
娘「いいえ」
私「水の中に住んでいますか?」
娘「はい」
・・・
私「イルカですか」
娘「正解でーす」

ただ、娘はときどき「はい」「いいえ」のヒントを間違えるので、私にとっての難易度が上がります(笑)。

「yes」「no」を答えるだけで考えているものを当ててくれるゲーム機(たまごっちのようなもの)を昔持っていたんですよね。それにヒントを得た遊びです。

クイズの使いどころ

我が家は少し高地にあるので、坂を登る機会が多いです。「坂をのぼりたくない〜」とグズった娘は、クイズをやりながらだと気が紛れていつの間にか登ってしまうことがよくあります。我が子ながらアホだなーと心の中で笑ってます。

あとは寝る前に暗い部屋の布団の中でやっています。