プログラマー券主婦のおもちゃと絵本の記録

一姫二太郎を育てています。

育児本『おえかきウォッチング』 - お絵描きの進化がとっても興味深い(2)

以前、お絵かきについての記事を書きました。

その記事の中でこちらの本を紹介しました。

おえかきウォッチング―子どもの絵を10倍たのしむ方法

おえかきウォッチング―子どもの絵を10倍たのしむ方法

この本によると、世界中の子どもは同じようなお絵かきの進化をしており、まずは丸が描けるようになるのがとても大きな第一歩ということです。また、子どもの描く丸は物理的な丸ではなく、概念的な丸を表しているということを知りました。

私の娘もこの本で書かれているようなお絵かきの進化をたどっていて、とても興味深くウォッチしています。

例えばこの、以前描いていた概念的な絵。丸い傘と、動きを表した雨です。動くものは点や線で描かれる傾向にあるそうです。私の笑っている顔もたくさんのシワのような線で描かれたことがあります(笑)。

こちらの絵に描かれた手も、概念的に丸で表されています。

顔から直接足が生える「頭足人も経験しています。顔に見える丸は、人の体全体を概念的に表しているために、そこから直接足が生えるそうです。

だんだん頭と体を別に描くようになったり、写実的になってきました。

この頃になるともう個性が出ているので、本で紹介されている絵とは違ってきます。

女の子らしい絵を描くようになりました。

もう概念的な絵は描かないのかな?と思っていたのですが、先日それっぽい絵を書きました。この絵です。

自分の手形をなぞり、手の甲のシワを描いていたので、私が「爪も描いてみたら?」と提案したところ、丸い爪を指の先端に描いたのです。第一関節のところではなくて。

これを見て、なんだか昔の絵が懐かしくなり、この記事を書き上げました。