読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー券主婦のおもちゃと絵本の記録

一姫二太郎を育てています。

手作り時計(3歳前半)

絵本 手作り 数字・時計

保育園に通っているせいもあり、娘の生活と時間は切り離せません。娘がちょっと時間に興味を示したのをいいことに、時計のおもちゃを用意することにしました。

しかしネットではプラスチックの派手な時計しか見つからず(しかも思ったより高い)、既製品を買うのは断念。既製品のいいところは長針に合わせて短針も回るところですが、まだ針の動きをよく分からない娘に力ずくでぶっ壊されそうだったので(笑)、右にも左にも好きに回せるタイプの時計を作ることにしました。

ちょうどいいお歳暮の箱(厚紙)もありましたしね。

針には穴を開けて、パン袋についている針金を挿し、適当なボタンを通しています。上の写真からは改造しました。適度に固いので針はグラグラしません。

ぐーるぐる。

おもちゃだけでは心許ないので、「とけいのほん」という絵本も購入しました。

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)

当時3歳になったばかり。ひらがなカタカナは読めるのですが、数字は読めませんでした。

あれから半年経ちました。50まで口頭で数えられるようになり、二桁の数字も読めるようになりましたが、依然時計は読めません。普段から「何時に何をするからー」という会話はしていますが、あんまり時計に興味がないみたいです。

ま、そういうこともあるよねー。