読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー券主婦のおもちゃと絵本の記録

一姫二太郎を育てています。

歯がない初めてのはさみ(2歳半〜)

そろそろ買おうかな、と思っていたハサミを買いました。

某子供用品店でたまたまあったものを購入したのですが、開けてみてショック。はさみには、歯がないタイプがあることを忘れていました。

紙とはさみを垂直にしないと切れないので、娘も最初は手こずっていましたが、コツを掴んでからはチョキチョキ切れるようになりました。

あ、チョキチョキではないですね、これ。シャコシャコって感じの切れ味です(笑)

このはさみの構造上、先端で切ったり薄い紙を切ったりはできないので、またそのうち歯のあるはさみを買おうと思います。本当に初めて使うだけのはさみになりそうで残念ですが…。

ただ、「はさみは危ないので、床に置かない」 とか、「手渡す時は持ち手を相手に向ける」ということを、危なくないはさみのうちに練習しておけるのは、まあよかったかもしれません。

切れるはさみを買ったらこの本も買うつもりです。

このシリーズの本は「こうしなさい」という指示が少なく、道具だけ与えて割と自由に遊ばせるタイプが多いです。下のぬりえの本は、例えばパンが描いてあって、そこに好きな色で好きな場所にジャムを塗るといったものがあります。

ぬりえの方は、友人の子供にプレゼントするために買ったときに中身を見て、うちの子も大きくなったら買おうと思っていたら、なかなか手に入りにくくなってしまいました。

はさみの方は売り切れる前に買っておこうと思います。