読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー券主婦のおもちゃと絵本の記録

一姫二太郎を育てています。

あいうえおのジグソーパズル

ジグソーパズル 2歳 あいうえお

本人が興味を持つまで待つことにした五十音の練習ですが、2ヶ月ほど前から、看板などの文字を見ると「あ○○(自分の名前)」と適当に読み始め、1ヶ月前には「あーちゃんの“○"」と自分の名前に入っている文字を見つけるようになりました。

保育園に行っていて、あらゆる持ち物やロッカーに氏名が書いているために、自分の名前の文字を覚えたようです。

それならそろそろ五十音に触れさせてもいいかな、と思い、まず購入したのがこちらです。

最近、トーマスにもジグソーパズルにもハマっているので、ピッタリの製品でした。ただ安いせいか、ピースがただのボール紙で、濡れたら層が剥がれちゃうのが残念。他に持っているジグソーパズルはもう少し丈夫でハメやすいのですが、これはかなりキツかったので、最初は押し込むのを手伝っていました。

娘がピースを持つたびに、「それはきりんさんの“き”」と発音していたら、ときどき娘も「ホットケーキの“き”」なんて高度な技(笑)を見せるようになりました。「おかあさんの“お”」のように、なるべく身近な親戚や友達の名前を挙げると親近感が出て楽しそうでした。

最初の5回ほどは娘が「これはどこー」と言うのに答えていたのですが、気がついたら1人で勝手に開けては完成させていました。それも、朝ごはんを食べた後、出発するまでの短い時間で完成させちゃうほどの早さです。まだ読めない字の方が多いのに、もう字面で何となく場所を覚えちゃったんでしょうね。びっくりしました。

五十音の場所は手書きで書きました。

「そ」の形が違うって怒られたので書き直してあります(笑)

このあとしばらくして、あいうえおの本も買いました。それはまた次の記事にて。