読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー券主婦のおもちゃと絵本の記録

一姫二太郎を育てています。

横浜美術館の「子どものアトリエ」でのびのびと絵を描く

ワーキングマザーとして私が参考にしている本があります。 こんな働く母親が、子供を伸ばす! (扶桑社BOOKS)作者: 松永暢史出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2013/09/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 『将来の学力は10歳までの「読書量…

育児本『おえかきウォッチング』 - お絵描きの進化がとっても興味深い(2)

以前、お絵かきについての記事を書きました。 その記事の中でこちらの本を紹介しました。 おえかきウォッチング―子どもの絵を10倍たのしむ方法作者: なかがわちひろ出版社/メーカー: 理論社発売日: 2007/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る この…

子供の落書きブックカバー

プリンターを処分してからしばらく、余ったコピー用紙をお絵描きに使用していました。お絵描きは全て取っておくと大変な量になるので取捨選択しているのですが、捨てる予定のコピー用紙の絵は、新書のブックカバーにちょうど良いです。 これはたまたまその辺…

3歳の誕生日:こどば絵辞典とサインペン

私は子供の成長や興味に合わせておもちゃを選んでいるので、誕生日やクリスマスにこだわらず、必要だと思った時点でおもちゃを買っています。なのでいざ誕生日になっても、取り立てて買うおもちゃがない、なんてこともあります。 今回は特に買いたいものがな…

余った名刺で…

会社の名刺が新しくなったため、以前の名刺が大量に余ってしまいました。このまま捨てるのはもったいなかったので、家に持ち帰って娘のお絵かきカードにしました。 (個人情報ですので、名刺の廃棄は慎重に行っています。) 私も一緒にお絵描きをしましたが…

育児本『おえかきウォッチング』 - お絵描きの進化がとっても興味深い

プログラマーの進化というジョークがあるのは置いておいて、 子どものお絵描きは、どの国の子どもでも同じように進化していくようです。AERA with Babyという雑誌や、国内外のウェブサイト、下に挙げる本などを読みましたが、とても興味深いと思います。 自…